MG Ex-Sガンダム/Sガンダム その3

今日は「MG Ex-Sガンダム/Sガンダム」の脚フレームの組み立てを行いました。…

今日は「MG Ex-Sガンダム/Sガンダム」の脚フレームの組み立てを行いました。

MG Ex-Sガンダム
写真は「MG Ex-Sガンダム/Sガンダム」の脚フレームです。
脚フレームはかなり多くのパーツで構成されており、複雑な構造をしています。

MG Ex-Sガンダム
写真は脚フレームを横から見たところです。
これを見ると、ヒザのパーツが大腿部より上まで伸びているのが、かなり特徴的です。
さて、ヒザの可動はというと...

MG Ex-Sガンダム
写真のところまで曲がります。
とはいえ、外装が付くとさらに可動は制限されると思われます。
(スタンド付きなので脚の可動は、あまり気にする必要はないのでしょうが...)

MG Ex-Sガンダム
こちらは脚フレームの内部構造です。
この状態から...

MG Ex-Sガンダム
ヒザ関節を曲げると写真の状態となります。
ヒザは写真のように2重関節になっています。

MG Ex-Sガンダム
写真はヒザから下のアップです。
これを見ると、フレームにはかなり細かなディテールが再現されています。
また、ヒザに付いている丸いパーツは...

MG Ex-Sガンダム
写真のように、アームが開いて取り出すことができます。
(クワガタの顎みたいです)

さて、この脚フレームを足先に取り付けると...

MG Ex-Sガンダム
こんなカンジになりました!

MG Ex-Sガンダム
脚部だけですが、ポーズを付けてみました。
うーむ、ゴツい機体の割には、意外とよく動きますね...。
また、足のサイズが大きいので、写真の状態でも意外と安定しています。


さて、今日は平成最後の日となりました。
明日からは令和となりますが、今日がなんとなく大晦日のような雰囲気なのがちょっと不思議な感じです。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

平成最悪のガンダムであるGレコを語るスレ!間違いなくガンダム史に残る作品だったよね

1:名無しのガンダム好き 2019年04月30日 18:33 現存しているネクロノミコンの一種 2:名無しのガンダム好き 2019年04月30日 18:42 世界は四角くないんだから! 3:名無しのガンダム好き 2019…
1:名無しのガンダム好き 2019年04月30日 18:33 現存しているネクロノミコンの一種 2:名無しのガンダム好き 2019年04月30日 18:42 世界は四角くないんだから! 3:名無しのガンダム好き 2019...

【ガンダム】アレキサンドリア級重巡洋艦を語ろう★

0: 2019年02月27日 03:21

アレキサンドリア級は一応、サラミス級に代わる次期巡洋艦として設計されている。
MS運用でジオンに遅れていた連邦が、ムサイ級の思想を取り入れて設計したもの。サラミス改級ではMS4機1小隊しか積載できなかったが、アレキサンドリア級…

0: 2019年02月27日 03:21

アレキサンドリア級は一応、サラミス級に代わる次期巡洋艦として設計されている。
MS運用でジオンに遅れていた連邦が、ムサイ級の思想を取り入れて設計したもの。サラミス改級ではMS4機1小隊しか積載できなかったが、アレキサンドリア級は中隊運用が可能になった。
カタパルトが上下にあるからMSが一気に展開できるのもいい。

2019-03-24_21_32_49



続きを読む

※【週刊少年サンデーS】ガンダムアグレッサーを語ろう!

0:2019年04月24日 15:28

単行本が10巻も出て未だに連載中
その割に語られてるのを全く見たことがないので評価を聞きたい

0:2019年04月24日 15:28

単行本が10巻も出て未だに連載中
その割に語られてるのを全く見たことがないので評価を聞きたい

71Mdz0RRieL



続きを読む

プラモデルやフィギュア製品を「撮影する仕事」とは――? ベテランのホビー専門カメラマン、高瀬ゆうじさんの目撃した昭和~平成のホビー業界【ホビー業界インサイド第46回】 – アキバ総研

80年代のガンプラブームのころ、「コミックボンボン」などの雑誌には大量にガンプラの記事や広告が掲載されていた。そんなプラモデルの広告写真から出発し、現在でも完成品フィギュアを含めたホビー製品を専業で撮りつづけているプロカメラマンが、高瀬ゆうじさんだ。「フリーランスで同じぐらいの仕事歴の人は、おそら…

プラモデルやフィギュア製品を「撮影する仕事」とは――? ベテランのホビー専門カメラマン、高瀬ゆうじさんの目撃した昭和~平成のホビー業界【ホビー業界インサイド第46回】 - アキバ総研

プラモデルやフィギュア製品を「撮影する仕事」とは――? ベテランのホビー専門カメラマン、高瀬ゆうじさんの目撃した昭和~平成のホビー業界【ホビー業界インサイド第46回】 - アキバ総研

80年代のガンプラブームのころ、「コミックボンボン」などの雑誌には大量にガンプラの記事や広告が掲載されていた。そんなプラモデルの広告写真から出発し、現在でも完成品フィギュアを含めたホビー製品を専業で撮りつづけているプロカメラマンが、高瀬ゆうじさんだ。「フリーランスで同じぐらいの仕事歴の人は、おそら...

はてなブックマーク - プラモデルやフィギュア製品を「撮影する仕事」とは――? ベテランのホビー専門カメラマン、高瀬ゆうじさんの目撃した昭和~平成のホビー業界【ホビー業界インサイド第46回】 - アキバ総研 はてなブックマークに追加