HGUC R・ジャジャ その8

今日は「HGUC R・ジャジャ」の肩アーマーの組み立てを行いました。 写真は「H…

今日は「HGUC R・ジャジャ」の肩アーマーの組み立てを行いました。

HGUC R・ジャジャ
写真は「HGUC R・ジャジャ」の肩アーマーです。
肩アーマーは球形のアーマーに、アンテナのような突起が突き出ています。
うーむ、この突起は一体何のためにあるのでしょうね?

HGUC R・ジャジャ
写真は肩アーマーのアップです。
黄色がきちんと成型色で色分けされているのはなかなか良くできていますが、ここは推進装置かと思ったら実は「三連装ミサイルポッド」が正解です。

HGUC R・ジャジャ
写真は肩アーマーの反対側です。
写真中央に丸い穴が開いていますが、ここには...

HGUC R・ジャジャ
写真のバリアブルシールドを取り付けるようになっています。
この装備は通常時は、推進器として機能するそうですが、バリアブルという名前が付いているだけあって...

HGUC R・ジャジャ
写真のように、途中で折れ曲がって角度が変えられます。
ということで、これらを「HGUC R・ジャジャ」に取り付けると...

HGUC R・ジャジャ
こんなカンジになりました!
うーむ、この顔に尖った肩アーマーは、かなり危ない感じがしますね。

HGUC R・ジャジャ
写真はR・ジャジャを後ろから見たところです。
バリアブルシールドは、通常時は写真の位置で、推進装置として機能しますが...

HGUC R・ジャジャ
肩アーマーをくるりと180度回転すると、写真のように前方を防御するシールドに早変わりします。
とはいえ、このシールドは先が尖っているので、これで格闘戦もいけそうですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)のガンプラレビュー紹介(1/31情報更新)

2019年1月17日に発売(出荷)された「MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)」をレビューされています。

MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVert2

2019年1月17日に発売(出荷)された「MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)」をレビューされています。

つくるのホントを知ってるかい?展、2019年2月15日(金)~17日(日)開催

2019年2月15日(金)~17日(日)に、東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で、「つくるのホントを知ってるかい?展」が開催されます。

つくるのホントを知ってるかい展t

2019年2月15日(金)~17日(日)に、東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で、「つくるのホントを知ってるかい?展」が開催されます。

フェラーリのデザイナー「ガンダムが好き。影響受けている」「フェラーリのデザイナーはみんなデスクにガンプラを置いてる」

日本以外ではKEN OKUYAMAとして活動する工学デザイナーの奥山清行氏が30日、東京・お台場のTHE GUNDAM BASE TOKYOでガンダム40周年コラボレーション商品の発表会に参加。 奥山氏がデザインしたことで有名なフェラーリのエンツォフェラーリについて「ガンダムからインスパイ…

日本以外ではKEN OKUYAMAとして活動する工学デザイナーの奥山清行氏が30日、東京・お台場のTHE GUNDAM BASE TOKYOでガンダム40周年コラボレーション商品の発表会に参加。
奥山氏がデザインしたことで有名なフェラーリのエンツォフェラーリについて「ガンダムからインスパイアされたデザインだと言えます」と明かした。

40周年を記念し『機動戦士ガンダム40周年記念KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトムービー』の制作と登場する『RX-78-2 ガンダム』のプラモデルを発売が発表された。
奥山氏率いる「KEN OKUYAMA DESIGN」がデザインし、LDHが楽曲を提供するムービーで、奥山氏が本気でガンダムを検証する特別企画となる。

奥山氏は「僕が大学生になってからガンダムは放送された。僕の中で工学デザイナーとして、ものすごく影響を受けた。
アニメを超えたプロダクト。お仕事をいただいて『タダでもやります』とコラボレーションをした。タダじゃないですけど(笑)」と冗談交じりにコラボを喜んだ。
そして驚きの秘密も明かされた。2002年に奥山氏がデザインしたことで有名なエンツォフェラーリについて
「エンツォが出たときに『ガンダムそっくり』と批判を受けた。その通りでございます。僕の中でガンダムに影響を受けて、ずっと車のデザインをやってきた。今だからこそ言えます。エンツォフェラーリはガンダムからインスパイアされたデザインだと」とぶっちゃけ。
続けて「やっと逆にガンダムがデザインできる」と、かみしめるように語った。

囲み取材で、エンツォフェラーリのどのあたりが着想された部分か問われると「フロントがコアファイターの形です。曲線の感じや全体の構成が、みなさんに『ガンダムだ』と言われていた。あのころは言えなかったですけど、その通りでございます」と回想。
さらに「フェラーリのデザイナーは、みんな机の上にガンプラ置いたりしている」とも明かしていた。
右手で左肩後ろを触ったり、膝を胸につける動きなどできるような設計をするそう。この週末もガンプラを作っていたと語り
「最近のガンプラは進化している。でも、昔のもいいところがある。いいとこ取りしようと思って作っています。これは仕事として(笑)」とガンダム愛たっぷりだった。
https://www.topics.or.jp/articles/-/156269


フェラーリ・エンツォフェラーリ
f86267f3.jpg





続きを読む

【NHK特集】ガンダム生みの親、安彦良和氏「1stガンダム本編も今のテクニックと表現力でカバーしたいというのが今の望み」「やれるかぎりやりたいしそれは僕の責任だと思っている」

まだ描き終わっていない「ガンダム」 「ファーストガンダム」を描き直したい 歴史を通して人間の複雑な内面を描いてきた安彦さん。 「ファーストガンダム」の本編とその前史を描いた漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で…
まだ描き終わっていない「ガンダム」 「ファーストガンダム」を描き直したい 歴史を通して人間の複雑な内面を描いてきた安彦さん。 「ファーストガンダム」の本編とその前史を描いた漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で...

ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. ~最終決戦仕様~のレビュー紹介

2019年1月発送の魂ウェブ商店受注アイテム「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. ~最終決戦仕様~」をレビューされています。

ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. ~最終決戦仕様~t (2)

2019年1月発送の魂ウェブ商店受注アイテム「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. ~最終決戦仕様~」をレビューされています。