HG ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)のガンプラレビュー紹介

2018年9月28日からガンダムベース東京で販売されているガンプラ限定品「HG ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)」をレビューされています。

HG ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)t (3)

2018年9月28日からガンダムベース東京で販売されているガンプラ限定品「HG ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)」をレビューされています。

第58回 全日本模型ホビーショー(2018)の現地レポート情報まとめ、「MG V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka」、「PG 1/60 ダブルオーガンダム セブンソード/G」、「MG Ex- S/Sガンダム」、「HG R・ジャジャ」、「HG 1/144 グスタフ・カール(ユニコーンVer.)」など展示(現地レポート記事紹介追加)

2018年9月28日(金)の9:00から9月30日(日) までに、東京ビッグサイト東7・8ホールで開催されている「第58回 全日本模型ホビーショー」の現地レポート情報をまとめました。

MG V2アサルトバスターガンダム Ver.Kat (2)

2018年9月28日(金)の9:00から9月30日(日) までに、東京ビッグサイト東7・8ホールで開催されている「第58回 全日本模型ホビーショー」の現地レポート情報をまとめました。

「MG プロヴィデンスガンダム(通常版)」と「MG プロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディション」のガンプラレビュー紹介(9/30情報更新)

2017年3月16日発売(出荷)のガンプラ「MG プロヴィデンスガンダム(通常版)」と「MG プロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディション」をレビューされています。

MG プロヴィデンスガンダム (2)rt

2017年3月16日発売(出荷)のガンプラ「MG プロヴィデンスガンダム(通常版)」と「MG プロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディション」をレビューされています。

デストロイガンダムって破壊の化身の様なガンダムだよね

名無しさん : 2018/08/23

デストロイガンダムスレ
破壊の化身の様なガンダムだよね
ガンダム業界でも絶対上位だよこいつ

名無しさん : 2018/08/23

デストロイガンダムスレ
破壊の化身の様なガンダムだよね
ガンダム業界でも絶対上位だよこいつ




続きを読む

「逆襲のシャア」って何故か名作扱いだけど、MS格好いいだけでストーリー支離滅裂の駄作だよな

1: (ワッチョイ 9fb6-du3m) 2018/09/30(日) 15:05:05.83jtfkMjSh0● 『逆襲のシャア』のラストは結局どういうことだったのか 公開から30年経っても続く議論 1988年3月。機動…
1: (ワッチョイ 9fb6-du3m) 2018/09/30(日) 15:05:05.83jtfkMjSh0● 『逆襲のシャア』のラストは結局どういうことだったのか 公開から30年経っても続く議論 1988年3月。機動...

逆襲のシャアのラストは結局どういうことだったのか 公開から30年経っても議論続く

アムロとシャアの戦いは一応終わるけど…… 1988年3月。機動戦士ガンダムシリーズの劇場版作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が公開された。ちょうど今年は映画の封切りから30周年になる。 なるほど、最近になってやけにサザビーのプラモの新作情報やら、…

f67d7db8-s
アムロとシャアの戦いは一応終わるけど……

1988年3月。機動戦士ガンダムシリーズの劇場版作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が公開された。ちょうど今年は映画の封切りから30周年になる。
なるほど、最近になってやけにサザビーのプラモの新作情報やら、幻の機体ナイチンゲールの完成品トイの発売が告知されていたはずである。

この映画、宇宙世紀モノのガンダムが好きな人なら、ほとんどのオタクが観ているはずだ。作品内の時系列的な意味では、アムロ・レイとシャア・アズナブルという長年のライバル関係にあった2人の最後の登場作品である。
タイトルこそシャア推しされているが、実質的には双方が本作の主役になっており、ファースト以来のファンにとっては総決算のような映画と考えてよい。(文:松本ミゾレ)

■ 「生還するわけじゃなく何も解決しないのに、次に繋がる終わりでもない…」

先日、2ちゃんねるに『逆襲のシャアって極めて独特な終わり方だよな』というスレッドが立った。スレ主は、主役2人が生還するわけでもなし、戦争が決着するわけでもなし、何か問題が解決するわけでもなし。これまで何となく受け入れて観ていたものの、特殊なアニメだったと書き込んでいる。

この意見に賛成だという人って案外多いんじゃないだろうか。僕もこれまでに何度も観返している。ただ、この映画はそれ以前のガンダム作品とは尺がそもそも違う。完全に第二次ネオジオン抗争を描き切ることは、最初から目指していなかったようには思える。
あくまでもこの作品の主軸はアムロとシャアの退場劇なので、あの結末はあれはあれで正解だと考えている立場だ。

続きを読む
https://news.careerconnection.jp/?p=60211




続きを読む