MS-14G[陸戦型ゲルググ」

【登場作品】機動戦士ガンダム外伝―コロニーの落ちた地で…〈上〉 (角川スニーカー文庫)

機動戦士ガンダム戦記【概要】ご存知の通り、量産型ゲルググのほぼ「全て」と言っていいほどの数は宇宙で戦っていたが、そのうちの一部は地上に降り、防塵処理などを施されて「陸戦型…

img_600623_16807964_11
【登場作品】
機動戦士ガンダム外伝―コロニーの落ちた地で…〈上〉 (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム戦記

【概要】
ご存知の通り、量産型ゲルググのほぼ「全て」と言っていいほどの数は宇宙で戦っていたが、そのうちの一部は地上に降り、防塵処理などを施されて「陸戦型ゲルググ」となっている。
宇宙で活動するゲルググの型番違いは「バックパック」の換装により名称変更されているが、この陸戦型については具体的に機体への変更が加えられているため、純粋な量産型ゲルググとは異なるものになっている。

その変更の一つが前述の通り、地上特有の砂、塵などから守る防塵処理。
また宇宙とは異なり「重力下」であるため、機動力確保に大型のバックパックを装備。
MSサイズほどもありそうな大型の盾は取り回しのしやすいよう小型化され、武装についてもビームライフル以外に実弾兵器も装備されている。
基本的なMS自体の性能は量産型ゲルググと大差ないものになっている。
つまり、一年戦争の時代では地上であっても、ジオンの主力であったことに変わりはない。

現在、この陸戦型ゲルググは上記作品に登場したヴィッシュ・ドナヒュー機とケン・ビーダーシュタッド機の2機のみとなっている。
アーケードゲームである「機動戦士ガンダム 戦場の絆」でも登場はするが、単なるプレイ機体の一つであるため、割愛。 

【関連グッズ】
 

MS-14C「ゲルググキャノン」

【登場作品】HOW TO BUILD GUNDAM &2復刻版
機動戦士ガンダム 戦場の絆(アーケード版)【概要】ゲルググの中距離支援タイプとなるMS。最初から中距離支援用として生産されたわけではなく、携帯小型の「ビームライフル」の開発が難航し、代わりとして背部にバックパックと…

・イ・・ー・ー・ュ・罕ホ・・jpg
【登場作品】
HOW TO BUILD GUNDAM &2復刻版
機動戦士ガンダム 戦場の絆(アーケード版)

【概要】
ゲルググの中距離支援タイプとなるMS。
最初から中距離支援用として生産されたわけではなく、携帯小型の「ビームライフル」の開発が難航し、代わりとして背部にバックパックとしてビームキャノンを装備したというのが始まり。
出力に関しては当然小型のビームライフルより大きくなるため、推力の一部を出力に回したことにより、通常のゲルググよりも機動力が低下している。

また、形として中距離支援型となったため、頭部は通常のゲルググより若干目のよいものに変更されている。

MSV(モビルスーツヴァリエーション)の一環で作られたMSであるため、アニメ上での活躍はない。

一年戦争終戦までに15機が配備されたとされているが、その後更なる量産の計画があったのか120機分ほどのパーツが用意されていたともされている。 ただ、その120機がすべて生産されるためのものであるかどうかは疑わしく、おそらくではあるが交換・修理用に利用される予備品の側面がかなり強いように思われる。

ジョニー・ライデン専用機を含め「カスタム機」が複数あるが、ゲルググは背部のバックパック変更により型番が変更されるMSであるため、割愛する。

【関連グッズ】

予想以上の大盛況!「新生FF14」

8月27日から正式サービスがスタートしている新生FF14。運営も予想できなかった嬉しい誤算により、ダウンロード版販売の一時停止やサーバーの入場制限がかかるほどに。なんだ、この糞運営!!!って普段なら言うところですが、さすがに同時接続数が18万人を超える、となる…

a7627807

8月27日から正式サービスがスタートしている新生FF14。
運営も予想できなかった嬉しい誤算により、ダウンロード版販売の一時停止やサーバーの入場制限がかかるほどに。
なんだ、この糞運営!!!

って普段なら言うところですが、さすがに同時接続数が18万人を超える、となるとそれは仕方ないw

2ヶ月ほど前、PSO2が「ついに同時接続10万人突破!!」というのがニュースになっていた、そのすぐ後。
しかもサービスが開始されて僅か2日ほどで軽くダブルスコアになってしまっているという。

旧FF14の大きな挫折と新生FF14に対する期待感の現れなんでしょうかね。
個人的な評価としては、グラフィックやシステム周りなどはやはりFFということでしっかりしており、そこに不満を感じる人は少ないはず。
ジョブチェンジも「装備を変える」ことにより、ノーペナでほぼ「いつでも」可能になっており、白魔道士がいないから待ちですね・・・なんていう状況はかなり解消されることでしょう。

が、良くも悪くもMMORPGらしいMMORPGになっているので、予想としては緩やかに接続者数は減っていき、それでもFF11のような息の長いものになっていくんじゃないかと思います。

料金体系も最近のサービスINしているものの中ではかなり低価格で

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(特典無し)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

上二つのクライアントは、どちらも通常版ですが3000円前後で購入することが出来、どちらにも30日分のプレイ料金が含まれています。
月額はスタンダードだと大体1500円ほどで、アイテム課金は現在のところされていません。
(リテイナーの追加など、バランスの崩れる心配がない付加価値のようなものは課金)

アイテム課金の基本無料ゲームだと、リセットが1000円、あの回復アイテムが100円、というような感じで「欲しい」と思ったものを課金していくと月に2000円とか3000円とかは簡単に行ってしまいます。
商売なんですから当然ですが、月に確実に1500円かかるのか・・・と考えるのか、1500円という安定した価格で「課金」による差がない世界で楽しめる、と考えるのか、その差によって変わってくるんでしょうね。

酷評レビューと高評価レビューが入れ混じるFF14ですが、ゲームなんてのは賛否両論あって当然で、RPGが好きな人、アクションが好きな人、別々の人がやって同じ評価を得られるゲームなんてものはありません。
ある程度古い「クリックタイプ」のゲームに親しんだ人やMMOが初めての人、そんな人たちであれば十分に楽しめるゲームだと思っています。
「極度なコアゲーマー」や「ノンターゲット方式」でなければ駄目だ、という人たちであれば受け入れられるものではないかもしれません。

こんな書き方をすると意地悪いかもしれませんが、例えばアマゾンレビューを含めたそこらにある数百ぐらいはあるだろうレビュー。(当サイトもそうです)
これらのレビューも参考のひとつにはなるかと思いますが、目にしているレビューの数は18万分の数百、その程度の割合しかない意見です。
こんな少ないレビューの数に惑わされ貴重な時間を費やしてしまうことを考えるなら、3000円払って一度やってみる、というほうが個人的にはおすすめですw

MS-14B「高機動型ゲルググ」

【登場作品】機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威

機動戦士ガンダム MSイグルー

機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081‐水天の涙‐など【概要】アニメ本編には登場しないゲルググの高機動型。とは言うものの、基本的な部分はほ…

1578
【登場作品】
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
機動戦士ガンダム MSイグルー
機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081‐水天の涙‐
など

【概要】
アニメ本編には登場しないゲルググの高機動型。
とは言うものの、基本的な部分はほぼすべて通常のゲルググと同様で、バックパックをB型に変更したものとなっている。
この機体はエースで固められた部隊「キマイラ隊」に配備され、よりエース用の機体として特色がつけられている。
高い機動力を生かすため、バックパック装備により上昇した出力をビーム兵器には回さず推力へと転換し実弾兵器を使うパイロットもいた。

このMS-14Bは「ジョニー・ライデン専用機」とされ紹介されている場合があるが、あくまで複数あるMS-14Bの内のひとつがジョニー・ライデン専用として宛がわれているだけである。
MS-14Bには専用機が複数存在し、以下がそれとなる。

1、ジョニー・ライデン専用機
2、シン・マツナガ専用機(ゲーム上架空の設定)
3、ヘルベルト・フォン・カスペン専用機
4、エリク・ブランケ専用機
5、ユーマ・ライトニング専用機


ほかにも、MS-14Cに乗ったジョニー・ライデンなどが確認されていることから、各エースは戦況に合わせてバックパックを変更していた可能性が高く、A型、B型、C型の専用機が各個あるというよりは、特別なカラーリングが施されたゲルググがあるという認識で大差ないように思われる。
(中には特別仕様もあり)

【関連グッズ】

MS-14A「ゲルググ(量産型)」

【登場作品】機動戦士ガンダム

機動戦士Z(ゼータ)ガンダム

機動戦士ガンダムZZ

機動戦士ガンダム 第08MS小隊

機動戦士ガンダムエコール・デュ・シエル―天空の学校

機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像
その他、ゲーム登場多数【概要】YMS-14「ゲルググ(先行量産…

Ms-14a2
【登場作品】
機動戦士ガンダム
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
機動戦士ガンダムエコール・デュ・シエル―天空の学校
機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像
その他、ゲーム登場多数

【概要】
YMS-14「ゲルググ(先行量産型)」を経て量産されたゲルググ。
基本的な性能はYMS-14と変わりなし。 先行型と量産型の性能が変わらないというのは珍しく、コスト・性能を両立した名機であることが窺える。

先行量産型は一時の間ではあるが実弾兵器を使用していたということもあり、このMS-14Aがジオン軍として初めて「ビーム兵器」を正式に使用したMSとなる。(サイドストーリーのMSやMAなどでは、既にビーム兵器を使用している物もあるが、そこは割愛)
実は、あの「マ・クベ」が乗っていたギャンとリックドムに続く次期主力MSの座を争ってはいたが、性能の面でギャンを突き放したため、ゲルググが採用されている。 これまでの経緯だと性能面を重視するよりも「コスト」を重視し正規採用を決めたMSが多かったが(事故などもあったが、最初のザクもそうだった)、やはりゲルググは異例なのだろう。
それもそのはずで、カタログ上のスペックでは連邦軍のガンダムを上回る数値を示しており、そのような性能を有したMSを「量産」出来るのであるから、当然採用に至る・・・はずだ。

このような性能を有したゲルググを量産するにまでになったジオン側が、どうして一年戦争に負けてしまったのか。
諸説あるようだがとりあえず確定しているものとしては、ゲルググの投入が一年戦争の末期であったため戦況を覆すには時期が遅すぎた。 また、同様に戦争末期であったため、歴戦の勇士であった熟練のパイロットたちの多くが戦死・離脱したことにより操縦者が不足。 新兵が戦場に投入されることが多く、その新兵に戦果を上げさせるにはザクやリックドムよりも性能の高いゲルググを操縦させ、性能差により「無理やり」勝たせるしかなかった。
というジオンの窮状があったためとされている。

【関連グッズ】

YMS-14「先行量産型ゲルググ」

【登場作品】機動戦士ガンダム【概要】ジオン軍の主力MSであるゲルググの先行量産型。全部で25機が生産され、うち1機はシャア専用ゲルググとして配備されている。残る24機はエースとして名を挙げていたパイロットたちを集めた「キマイラ隊」や、所属はしていないがエースと…

Yms-14
【登場作品】
機動戦士ガンダム

【概要】
ジオン軍の主力MSであるゲルググの先行量産型。
全部で25機が生産され、うち1機はシャア専用ゲルググとして配備されている。
残る24機はエースとして名を挙げていたパイロットたちを集めた「キマイラ隊」や、所属はしていないがエースとして名高いパイロットたちに配備されたとされている。

キマイラ隊には「ジョニー・ライデン」などのエースの中でもトップの位置にいる者が複数所属しており、彼らのゲルググにはB型、C型のバックパックが装備されている。 
シャアに送られた先行量産型ゲルググにはバックパックが装備されていない、いわば「標準仕様」となっていたため、指揮官用ゲルググともされている。(両機は同一のもの)

後に生産される量産型ゲルググと大きく性能は変わらないが、初期配備の段階ではゲルググ用のビーム兵器の生産が追い付いておらず、実弾兵器が使用されたともされる。 この先行量産型、量産型含めジェネレーターなどはガンダムに匹敵するもの、一部資料ではガンダムを上回るものとなっている。
このゲルググの配備があとわずかでも早ければ、宇宙での主導権はジオンにあったともされるほどで、これまでの量産型、主力MSと比べても頭一つ抜けた評価をされた。

【関連グッズ】
 

「シャアの日常」をご存知だろうか?

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)現在、1巻が発売されている「シャアの日常」。画像からもわかる通り、機動戦士ガンダムに登場する「シャア・アズナブル」ではあるが、原作に登場する勇ましさ・・・というか雰囲気は微塵もない。ギャグ漫画というもので、シャ…

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)

現在、1巻が発売されている「シャアの日常」。
画像からもわかる通り、機動戦士ガンダムに登場する「シャア・アズナブル」ではあるが、原作に登場する勇ましさ・・・というか雰囲気は微塵もない。

ギャグ漫画というもので、シャアが記憶喪失になり、なぜかちゃぶ台ひとつの四畳半(想像)で生活をするというものになっている。
自分はなぜ仮面を被っているのか?
赤い衣装はなんなのか?
それすらも全て忘れて、壁に吊るされていた服を見て「自分が変態であったのか!?」と疑問を抱くほどになっている。

ガンダムでのイメージを崩したくない人は見ないほうが良い一冊。 



MS-09RN-2「トゥッシェ・シュヴァルツ」

【登場作品】機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像【概要】MS-09R4「シュネー・ヴァイス」の後継機となるMS。シュネー・ヴァイスでは、オールレンジ攻撃を行う「ビット」の収容に難があったため、別途装備したバックパックに収納していたが、本機ではビットの小型化に…

トゥッシェシュヴァルツ

【登場作品】
機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像

【概要】
MS-09R4「シュネー・ヴァイス」の後継機となるMS。
シュネー・ヴァイスでは、オールレンジ攻撃を行う「ビット」の収容に難があったため、別途装備したバックパックに収納していたが、本機ではビットの小型化に成功しMS内部に搭載することが可能となった。
また、小型化したことによる副産物として、8機だったビットの数は12機へと増えている。

しかし、シュネー・ヴァイスのときに応用されていた「エルメス」のサイコミュシステムとは異なり、本機は再構築された新たなシステムであったためパイロットにかける負担が大きく、また使用薬物との問題もあり、最初のテストパイロットであった「レベッカ・ファニング」は心身が破壊され離脱。 後任はララァ・スンに匹敵するとも言われるNT能力の持ち主「ヤヨイ・イカルガ」伍長があたった。

ハマーン・カーンの乗るシュネー・ヴァイスを圧倒するほどの性能差を誇った本機だったが、戦闘の最中、説得によりヤヨイが正気に戻った一瞬の隙に撃破されている。

本機の運用データと実績が後のキュベレイ開発へと繋がっていくことになる。

MS-09R4「シュネー・ヴァイス」

【登場作品】機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像【概要】旧ジオン軍のMAエルメスで実用化されたビットをMSで運用すべく、リック・ドムをベースに大幅に改修した機体。そもそもMAという大きな機体に搭載されていたサイコミュシステムをMSへと搭載しようとしたため、背部に…

MS09RN_SchneeWeiss
【登場作品】
機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像

【概要】
ジオン軍のMAエルメスで実用化されたビットをMSで運用すべく、リック・ドムをベースに大幅に改修した機体。

そもそもMAという大きな機体に搭載されていたサイコミュシステムをMSへと搭載しようとしたため、背部に接続されたサイコミュ・コントロール・ユニットだけでもMSに匹敵する巨大なものとなってしまった。それでもエルメスの1/3の大きさに小型化されてはいる。
ビットは機体には搭載されず、ビット・キャリアーと呼ばれる装置を母艦から射出し運用する。このビット・キャリアーもまたMS大程の巨大なもので、MS側からの指令により内部に搭載された8基のビットを射出し、オールレンジ攻撃を行う。
サイコミュ・コントロール・ユニット装着時は固定武装を持たないが、バックパックを換装することでヒートサーベルの使用が可能である。脚部は宇宙戦に特化した形状となっており、バックパックにもスラスターを有してはいるが、重いサイコミュ・コントロール・ユニットによりMSとしての運動性は従来のものを下回る。そのため、非常時(ビット使用不可等の状況)ではバックパック及びショルダーブロックを切り離すこともできる。加えて、姿勢制御スラスターの出力を向上させる(従来より120%向上)など運動性能の改善が図られたものの十分でなく、MSにサイコミュを搭載する本来の目的を達成できずにいた。このことがビットシステムの根本的な見直しであるファンネルの開発に繋がっていったとも考えられる。

スラスターを増設していった結果、見た目が「キュベレイ」にどことなく似ているが、それと関係しているのか・・・このMSのテストパイロットは「ハマーン・カーン」である。
 
【関連グッズ】

機動戦士ガンダム 連邦VSネオ・ジオンを作れよ

1: それも名無しだ 2012/12/05(水) 11:27:00.59 ID:AGCStJYu
主役級しか使えないVSシリーズはもういいよ あのシステムで量産機使ったりフリーバトルでニヤニヤしたいんだよ

1: それも名無しだ 2012/12/05(水) 11:27:00.59 ID:AGCStJYu
主役級しか使えないVSシリーズはもういいよ
あのシステムで量産機使ったりフリーバトルでニヤニヤしたいんだよ

続きを読む